ダイエットにチャレンジ!!

《注目ダイエットレポート》
ダウンロードは無料です!
↓ ↓ ↓
『テレビを見ながら痩せちゃった!
私が60日で5キロ痩せた楽ちんダイエット』



ダイエットよく噛むことから始まる

ダイエットと脳の満腹中枢は、密接な関係があることが判明しました。


満腹中枢は間脳の視床下部に存在しており、
満腹になったかどうかを判断している器官になります。


満腹中枢が満腹になったと判断する基準は、
実際に食べた量より噛んだ回数を参考にしていることも分かりました。


よく早食いの人は大食いだと言われていますが、
早食いの人ほど噛む回数が少ないわけですから、つじつまが合います。


裏を返せば、少量でも噛む回数を増やすことで、
満腹中枢に「もうお腹いっぱい」だと判断させることが出来るということなります。


よく噛んで食べることで、腹八分でも満足できるわけですから
必然的に摂取カロリーも減り痩せることができるわけです。


ただ、人の体は自己防衛本能を持っており、
これまでよりも摂取カロリーが少なくなると
一定期間カロリー消費が少なくなってしまうのです。


これが、ダイエットでよく言われている「停滞期」です。


仮に停滞期に入ったとしても新陳代謝を活発にして
消費カロリーをUPさせることは可能です。


それを可能にできるのが「骨盤矯正」です。


骨盤を矯正することで消費カロリーが上がることが証明されたこともあり、
巷では非常に骨盤ダイエットが流行っています。


しかし、骨盤を矯正するためには
内臓下垂の解消、O脚の矯正が最低限必要です。


骨盤を矯正して痩せることを目的とした骨盤ベルトが多く出回っていますが、
残念ながら骨盤ベルトでは、内臓下垂の解消とO脚の矯正ができません。


骨盤ベルトをして体操をすることで、
骨盤が矯正できるのは確かですが、あくまで一時的です。


内臓下垂が解消されて、O脚の矯正がしっかりできないと
常に骨盤が整った状態を維持することができません。


しかし、誰でも簡単に内臓下垂の解消、O脚の矯正ができて、
骨盤ダイエットの成功確立を極めて高くすることに成功した人物が存在しました。


それが、「骨盤矯正」「O脚矯正」「骨格矯正」といった
美容矯正の創始者である山田陽さんです。


山田陽さんは、これまで5万人以上の骨盤ダイエットを成功させた、
言わずと知れた「骨盤矯正」「骨盤ダイエット」の第一人者です。


山田陽さんが「誰でも簡単に」「手軽に」をテーマに
考案したのが「山田式骨盤ダイエット法」なのです。


山田式骨盤ダイエット法

人気ブログランキングへ
posted by | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
無料メルマガ インフォマグ

さらに詳しい情報を見る→人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。